平成22年度


平成22年8月24-25日 第59回関東甲信越大学体育大会柔道部門(新潟大主管:於]新潟市鳥屋野潟総合体育館) [風間マネのレポート]予選突破は出来ませんでしたが、後日の個人戦73kg級優勝者の埼玉大:行武雄大選手を神がかりのような内股すかしで制した橋詰選手や、背負い投げから押さえ込みに持って行き一本を決めた萩原選手、背負い投げとはね腰が美しく決まった須田選手、圧倒的なパワーと寝技で勝利を掴み取った多恵選手、粘り強く一本背負いで攻めた江藤選手、そして足技からの払い腰が炸裂した細堀選手、それぞれの良さを発揮できた団体戦だったと思います! そして、2日目の個人戦では、66・級に橋詰選手、73・級に須田選手が出場、橋詰選手は背負い投げと大腰を次々と決めて、圧倒的な力の差をつけて、余裕綽々で優勝を掴み取りました。見事な優勝! 一方の須田選手は三位決定戦で惜しくも敗れてしまいましたが、背負い投げで見事一本を取る場面が二度もあり、とても良い試合をしていたと思います。全体を通して、この大会では技の思い切りが良く、ダイナミックに決まるものが多くなる一方で、それぞれの役割が果たせるようになってきた節目の大会であったと思います!

平成22年6月19日 群馬大学柔道部新歓コンパ:新入部員(教育:野村 優花f,工学:須田 将太m,小幡 拓也m,医学:佐々木 脩m,青木 駿m,<東大農学部から学士入学医2年>本田 賢二m)於:上毛会館 2010.Jun 19

メインメニュー

OB会記念写真