平成23年度


 平成24年3月3日 群馬大学柔道部卒業生(写真出席卒業生左から 教:風間冴季f,医:岡部友吾,工院:中澤秀和,工:江藤健太)追コン記念写真 於:前橋上毛会館

 平成23年12月4日 第59回北関東五大学柔道親善大会(群馬大学主管:於]群馬県立武道館柔道場)
 本大会は主管運営に関して始めて財政面でOB諸兄に寄付援助をお願いして、盛会のうちに2勝2敗で第3位という近年ではまずまずの成績を得た。その内容では一年生の活躍に目を見張るものがあり、今後に大いなる期待を感じた。戦績は、11人戦で優勝した埼玉大戦に3対8で敗、2位の茨城大戦にも3対8で敗けたものの、宿敵宇都宮大には7対3で快勝、高崎経済大にも8対3で快勝した。

 出場エントリーメンバーは4年:江藤健太、田村直也、山本英仁、3年:本田賢二、橋詰大器、2年:佐々木脩、小幡拓也、木本侑大、志賀輝、斎藤剛志、竹渕貴博、萩原舟平の12選手である。

 平成23年8月4-5日 第54回東日本医科学生総合体育大会柔道競技(昭和大主管:於]東京 講道館大道場)  4日の団体戦予選リーグでは、初戦の北里大に先鋒:志賀選手、次鋒:本田選手、中堅:萩原舟平選手、副将:岡部選手、大将:萩原弘幸選手で臨み、5対0の全勝で初戦突破した。しかし、二回戦は東海大に4対1で苦敗、三回戦も慶応大に苦敗して念願の予選リーグ突破は敵わなかった。 5日の個人戦では男子73kg級に出場した本田賢二(東大からの学士入学生)選手が健闘し、決勝で東海大の伊丹選手に僅差で苦敗したが群大医学部生では久々の準優勝の功績を飾り、今後に期待できるチーム形成のスタートを感じた。

 平成23年6月4日 群馬大学柔道部新歓コンパ:新入部員(教育:上原 玲子f, 松元 真弓f, 斉藤 剛志m, 工学:木本 侑大m, 竹渕 貴博m, 医学:志賀 輝m,萩原 舟平m,於:上毛会館 2011.Jun 04.

 平成23年3月19日 群馬大学柔道部卒業生(教育:松澤 光f,工:設楽貴史)追コン記念写真 於:前橋上毛会館

メインメニュー

OB会記念写真