大林宥範先生追悼行事報告

昭和27年から昭和62年までの実に35年という長い間,群大柔道部の監督として私たちをご指導くださった大林宥範先生は,平成13年春より,リンパ腺腫のため闘病中でありました。経過良好といわれておりましたが,平成14年8月15日病状が急変し午後10時55分、盆の中日(なかび)に逝去されました。日ごろ仏弟子(権大僧正)として仕えてこられた先生の,ご自分の忌日をも選ばれたような大往生でございました。享年77歳でした。ここに大林宥範先生のご恩愛に感謝し追悼の意を表します。合掌。

群馬大学柔道部OB会(大林宥範先生追悼会2002.11.16.伊香保白雲閣)を出席OB:57人,招待学生11人と共に厳粛かつ盛大に開催できましたので報告します。 追悼会は新井会長の挨拶,飯野教授の大林先生闘病報告,鈴木副学長の来賓挨拶に続き,下平OB代表の献杯という進行で厳粛な雰囲気で催されました。献杯後は二次会も含め,夜半まで狂乱も無く,OB相互の親睦を深める時を有意義に持てました。また,欠席の100人のOBの方々から,式典・事務通信費等の補助金の送金をいただきましたことを併せて報告させていただきます。

メインメニュー